アイピルは本当に副作用が少ない?

アフターピルは緊急時の避妊対策になるので、その分強い成分が含まれています。
アイピルは従来のアフターピルと比較しても、副作用が比較的少ないと言われています。

毎日決まったタイミングでアイピルを飲み続けることで、避妊の成功率を99%まで高めることができます。
一方で避妊に失敗してしまったり望まない性行為をしてしまった際には、緊急時にとても役に立つ避妊ピルがアイピルです。
アイピルはほかのアフターピルと比較しても副作用の心配が少ないと言われていますが、それでもはやり緊急用のピルには違いありません。

アイピルを服用すればホルモンのバランスが乱れてしまい、子宮内膜がはがれることで妊娠を阻止することができます。
それが一時的であったとしても、体内のホルモンバランスが大きく変化するため身体には負担がかかってしまいます。

しかし、アフターピルは病院でも処方されている薬です。
アイピルは病院で処方される薬と同様の効果や安全性が認められたジェネリック医療品なので、過剰に服用を心配する必要はありません。
用量や飲むタイミングを守っていれば問題なく服用することができます。

アイピルを服用した場合、吐き気や頭痛、倦怠感などの副作用が現れる可能性があります。
これはアイピルを飲むことによって一時的にホルモンバランスが崩れて起こる現象なので、服用後1日から2日に現れてその後すぐに治まると言われています。

万が一に強い吐き気が原因でアイピルを吐いてしまった場合、服用から3時間経って入れば胃で消化されているため再度アイピルを服用する必要はありません。
もしそれより早い段階で吐いてしまった場合は、1錠を水かぬるま湯で再度服用してください。
吐き気を防ぐ方法としては空腹時の服用は避けて、食後に飲むのがおすすめです。