生理痛に影響を与える食べ物とは?

生理痛はお腹の調子が重く怠い感じになったり腰が痛くなったり、酷い場合だと寝込んでしまう状態まで悪化してしまいます。
女性にとって憂鬱なものですが、この生理痛を食べ物で改善させることができるのです。

生理痛は冷えて血行が悪くなることが原因の一つとして考えられています。
冷えてしまうと子宮が収縮しづらくなるため、子宮内の経血が押し出されなくなってしまいます。
そのためプロスタグランジンというホルモンを分泌させて子宮を収縮させるため、生理痛が酷くなると言われています。
血行が良くなればプロスタグランジンの分泌は治まり、生理痛も解消されていきます。

そのために効果的な食べ物は身体を温めるものです。
納豆やヨーグルトなどの発酵食品や土の中で採れる根菜類には、身体を温めてくれる効果があります。
また、女性ホルモン・エストロゲンと同様の作用をすると言われているイソフラボンが多く含まれている豆乳や豆腐などの豆製品は、生理痛緩和の効果があることが証明されています。
ハーブティーやココアなどの身体を温める飲み物を飲むのも効果的です。

逆に生理痛を悪化させる食べ物は、身体を冷やしてしまう食べ物です。
コーヒーや紅茶などのカフェインが入っている飲み物や、子宮を収縮させるチラミンという成分が入っているチョコレートは生理痛を悪化させてしまいます。
食品添加物を多く含んだ惣菜やインスタント食品も血行が悪くなるため食べるのを避けた方が良いでしょう。
他にもアイスクリームなどの身体を冷やす食べ物は控えます。

生理中でなくとも、身体を冷やしすぎる食べ物は女性の身体にはよくありません。
普段から身体を温める食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
また、食生活などを改善しても生理痛が良くならない場合には他の病気の可能性もあります。
その時には医師の診察を受けるようにしてください。